うぶすな日誌

新進気鋭の作品

皆さん、こんばんは。

今、小さな助っ人が来ております。
なかなかのアート作品を生み出しており、
案外イケております。

記事

無題

皆さん、こんばんは。

めちゃくちゃ、どうでもいい内容ですみません。
昔イギリスの「RIDE」というバンドをよく聴いていたのですが、
去年大阪の海遊館で写真を撮りながら、
「おや、ライドのCDジャケット風だわ」と思ったものの、
調べてみるとライドのCDジャケットに魚の写真はありませんでした。

絶対ライドだと思ったのに…。
他のバンドだったのでしょうか。
どなたかわかる方おられますか。
本当にどうでもいい内容で申し訳ござりません〜。

記事

おこしもの

皆さん、こんばんは。

昨日は、毎年母の知人がつくる「おこしもの」を頂きました。
「おこしもの」とは、愛知の郷土料理のひとつで、
桃の節句にお雛様にお供えする米粉でつくった素朴な和菓子です。

食べ方としては、こんがりとトースターで焼いて、
砂糖じょうゆで頂きます。
見た目もキャワイイですよね。

一生懸命写真を撮っていたらファインダーが一瞬真っ暗になり、
「な、なにごと!」と思っていたら、
飼い猫がおこしものを奪いに来ていたところでした。

全く油断も隙もあったもんじゃない。
一応0歳児のレディースなので、
もうちょっと可愛らしくおなごらしく育ってくれんものかと思っています。
飼い主も大概なので何も言えないのですがね。

記事

ついばんでる

皆さん、こんにちは。

先日書いた鳥の餌台ですが、今日無事にメジロ(多分)がミカンを啄ばんでおりました。
午夫の努力は報われました。

 

陰で「プークスクス。鳥が怖がって来ないでやんの」
と笑っていた私は反省せねばなりません。
報われるべき努力は報われるようです。

ようございましたな。

記事

鳥よ鳥よ鳥たちよ

皆さん、こんにちは。

なぜに人は鳥に餌付けせずにいられなのでしょうか。
男女別に見ると、私の周りでは圧倒的にメンズが多いようです。
しかも現役バリバリ組というより、ご隠居世代です。

うぶすなの午夫も絶賛餌付け中。
毎日のようにミカンの輪切りで、メジロなどをおびき寄せています。

そんな折、ついにミカン用の台座まで作るように。
今まで楽しくミカンをついばんでいた鳥たちが、
怪しげな物体に急に警戒ランクを上げ、近づこうとはいたしません。

それを見ながら私は心でクスクス笑っておったのですが、
腹が減っては戦ができないのか、すぐに鳥たちは台座が安全なものと判断。
ミカンの中身がすっからかんになる程完食しています。
ようございました。

記事

1 2 3 4 5 6 97

PAGE TOP